32KATSURASELECTION越前手漉本鳥の子越前手漉本鳥の子・特漉鳥の子「ふすま紙といえば、鳥の子紙」と言われるほど有名なふすま紙です。紙色が「鶏卵の殻」に似ていることから、この名がつけられたと言われています。手漉きのものを「本鳥の子」、機械漉きのものを「特漉き」として分けられており、また紙料によって号数が異なり、強度や微妙な艶が異なります。6001手漉鳥の子一号紙紙料:国産雁皮・三椏サイズ:W1000mm×H1920mm3×6判6002手漉鳥の子二号紙紙料:国産三椏・三椏サイズ:W1000mm×H1920mm3×6判W1040mm×H2120mm3×7判W1220mm×H1880mm4×6判W1440mm×H1880mm5×6判6003手漉鳥の子三号紙紙料:国産三椏・マニラ麻・パルプサイズ:W1000mm×H1920mm3×6判W1040mm×H2120mm3×7判W1440mm×H1960mm5×6判すべて手づくりのため、紙により多少色の出具合が異なります。